アルコールを飲んだ翌日は顔がむくむ原因と対策

お酒を飲んだ翌朝、起きたらまぶたが腫れていたり顔がパンパンにむくんでいた…という経験、ありませんか?何故、お酒を飲むとむくんでしまうのでしょう?

その理由は、お酒に含まれるアルコールにあります。アルコールがもたらす様々な作用はそれぞれが密接にむくみと関わっているため、どれか一つだけ対策をしても別の作用によってむくみが引き起こされることもあり、アルコールによるむくみへの対策はなかなか一筋縄ではいかないようです。

血管の拡張

アルコールの代表的な作用の一つが、血管を拡張させて血行を良くすることです。お酒を飲むと体がぽかぽかしたり顔が赤くなったりするのも、この作用によるものです。しかし、血管が拡張すると動脈では毛細血管の血管透過性が進み、血管の壁から水分が滲み出しやすくなり、水分の処理が間に合わなくなります。この水分が細胞のまわりに溜まると、むくみの原因となります。

また、お酒を飲むと腎臓や肝臓がアルコールを分解してくれますが、そうすると普段やっている老廃物の処理が間に合わなくなり、結果として体内に溜まった老廃物がむくみを引き起こしてしまいます。

むくみ防止のカギは水分補給にあり

お酒を飲むと、トイレが近くなりがちですよね。これは、アルコールが抗利尿ホルモンの働きを阻害するためです。しかし、頻繁にトイレに行って飲んだお酒の分以上の水分を排出すると、知らず知らずのうちに脱水状態になり、体内のアルコール濃度も高くなります。人間の体はアルコールを毒素として認識するように出来ており、毒素を分解するには水分が必要です。そのため体内では毒素を薄めようとして水分を蓄積します。

さらに酔いが回ると体内の水分量を調整する脳の機能の働きが鈍るため、必要以上に溜めこんで余った水分がむくみの原因となります。なお、脱水状態になって喉の渇きを感じたからといって水分補給のつもりでさらにお酒を飲むと、余計に脱水症状を引き起こしてしまうので注意が必要です。こうした事態を避けるには、お酒の合間に水やお茶などアルコールを含まない飲み物でこまめに水分を補給することが必要です。

体から水分が失われると電解質と呼ばれるミネラルも同時に不足するため、お酒を飲んだ日は寝る前に電解を含む味噌汁やスポーツ飲料、経口補水液を飲むのも有効です。また、そもそも普段から飲みすぎないよう意識して酒量をセーブすることも大切です。

日本腎臓学会」(外部サイト)

SNSでもご購読できます。

Top