トイレに行く回数を増やしてむくみ予防

あなたはきちんとトイレに行っていますか?忙しいくてついトイレを我慢してしまった…という経験は誰にでもあるものですが、その何気ない行動が、実はむくみを招いているのです。尿意を感じた時にはきちんと排尿しないと、体内に水分や老廃物が溜まり、むくみの原因になってしまいます。

また、トイレに行く回数を減らすために水分の摂取を過度に控えると、やはり老廃物をスムーズに排出することが出来なくなり、同様にむくみを引き起こしますし、それだけでなく脱水の危険もあります。こうしたことを続けていると、腎臓に負担がかかり、むくみだけでなく細菌が繁殖して腎臓の働きが鈍って、膀胱炎の原因になったりひどい時には腎盂炎を起こしてしまうこともあります。トイレ習慣を見直して、むくみにくい体作りのヒントにしましょう。

トイレの目安回数

水分の摂りすぎ、控えすぎがないという前提で、一日のトイレ(小)の回数は通常5~7回程度と言われます。それより多ければ頻尿、少なければ老廃物が正常に排出されず、腎臓に負担がかかっている可能性があります。むくみは体内に余計な水分や老廃物が溜まることで起こるので、きちんとトイレに行って排出すれば、それだけでむくみの予防になるのです。

大切なのはトイレの「質」

トイレでの排出は回数だけでなく「質」も重要です。たとえ回数が正常の範囲内でも、我慢した結果の数字であれば体内に老廃物が残った状態になっているので、むくみの原因は解消されていません。また、もし塩分を摂りすぎていた場合、やはりトイレの回数が正常だからといって、きちんと排出されているとは限りません。

トイレの回数は飲酒した際にも増えますが、これはお酒に含まれるアルコールとカリウムが排尿をコントロールするホルモンの分泌を阻害したり体内の水分を過剰に排出することによって起こります。そのため通常の排尿とは違い、適切に老廃物を出すどころかかえって溜めこみ、結果的にむくみを引き起こしてしまいます。

では、老廃物や水分を適切に排出し、「質の高いトイレ」を実行するためにはどうすればよいのでしょう。最も重要なのは体内のミネラルバランスです。ミネラルは体内の余計な水分や老廃物を排出するために必要不可欠な大切な成分ですが、現代人には不足しがちだと言われています。食事だけで十分に摂取することが難しい場合は、むくみ対策サプリメントなどを上手に活用して補いましょう。

まとめ

むくみが気になる時は、一度自分のトイレの回数や質を振り返ってみると、問題点が見えてくるかもしれません。一日のトイレの回数は5~7回が正常と言われています。特別に水分を摂りすぎていないのに一日8回以上排尿がある場合は頻尿の可能性が、逆に排尿の回数が少なすぎる場合は腎臓に負担がかかってる可能性があります。トイレを我慢しすぎたり、トイレの回数を減らすために水分を控えるのはむくみに繋がります。

また、回数だけでなくトイレの「質」も重要です。トイレの質を向上させるには、老廃物や余計な水分の排出を助けてくれるミネラルを摂取する必要があります。食事だけで十分なミネラルを摂るのが難しい場合は、むくみ対策サプリメントを積極的に活用しましょう。

厚労省「カリウム」(外部サイト)

厚労省「健康のため水を飲もう」推進運動」(外部サイト)

厚労省「」(外部サイト)

SNSでもご購読できます。

Top